タクティールケア画像1

タクティールケアとは

タクティールとは、ラテン語の「タクティリス(Taktilis)」に由来する言葉で、「触れる」という意味があります。その意味が示すように、手を使って10分間程度、相手の背中や手足を「押す」のではなく、やわらかく包み込むように触れるのがタクティールケアです。このケアは、私たち自身の手の持つ力を再認識させてくれます。

タクティールケア画像2
タクティールケアの始まり

タクティールケアは、スウェーデン発祥のタッチケアです。

1960年代、未熟児ケアを担当していた看護師によって始まりました。看護師はその手を用いて、母親が幼い我が子を慈しむように乳児の小さな体を母親に代わって毎日優しく触れました。

その結果、体温は安定し、体重の増加がみられたのです。看護師は触れることの有効性を確信し、経験に基づいてタクティールメソードを作りました。
それをもとに日本スウェーデン福祉研究所は、乳児から高齢者まで、健康な方から看護や介護の必要な方まで様々な場面で幅広く活用できるタクティールケアを紹介しています。

タクティールケア画像3
タクティールケアがもたらしてくれるもの

タクティールケアは心地よさや安心感、痛みの軽減をもたらしてくれます。その根拠と考えられているのが、オキシトシンホルモンの分泌と痛みをやわらげるゲートコントロールです。

オキシトシンとは脳の視床下部で産生されるホルモンです。出産・授乳に関与していることはよく知られていますが、最近の研究では、不安やストレスの軽減にも大きくかかわっていることが明らかになっています。タクティールケアで肌に触れるとき、皮膚にある触覚が刺激され,脳の視床下部から血液中にオキシトシンが分泌されます。そのオキシトシンが体内に広がることによって、不安やストレスが和らげられるのです。

ゲートコントロールとは、触覚や圧覚が痛覚を抑制するメカニズムに関する学説です。脊髄には、痛みを脳に伝えるゲートがあります。ゲートが開いていれば、痛みを脳に伝え、痛みを感じます。反対に閉じていれば、痛みを脳に伝えることはできません。タクティールケアによって心地よさや安心感が生まれるので痛みのゲートが閉じられることにより、痛みが軽くなったように感じるのです。

タクティールケアを受けた人にみられるもの

まず、穏やかな気持ちを体感できます。また、身体が温まる、心地よい睡眠や深い呼吸ができるようになる、腸の蠕動運動が活発になるなどが挙げられます。認知症の方へタクティールケアを継続的に行うと、自分自身の身体の認識や自己意識の向上、身体的・精神的な症状を和らげることがあります。もっともすべての認知症の方に適用できるかというとそうではありません。望まない方に対しては行わないというのも、タクティールケアの大切なルールです。

タクティールケアを行う人にみられるもの

オキシトシンホルモンは、触れられた人にだけ分泌されるものではなく、触れている人にも分泌されます。タクティールケアは触れている施術者も心地よさと安心を感じることができるのです。

タクティールケアを介護現場に取り入れている方の体験談
  • 「利用者が穏やかな表情になり、その時間を共有することで、自分自身の気持ちも穏やになり感謝の気持ちでいっぱいになります。」
  • 「心と心の交流ができたことを実感しています。そして自分自身も癒されることを体感しています。」
  • 「受け手の反応で、自分自身が癒されます。本当に嬉しくて、涙が出てしまいそうになる時があります。」
  • 「不安な気持ちや表情が、ケア中に少しずつ和らいでいくのがわかると同時に、自分の気持ちもとても穏やかになっています。手のひらの暖かさがこんなにも素晴らしいと思いませんでした。自分が優しい気持ちになりました。」
  • 「利用者と施術者がともに穏やかな共通の時間が得られました。相手の方の安心感はもとより、自分自身のケアに対する気づきが大きいと感じました。」
  • 「入居者と自分が共に時間を過ごすことで、信頼性、親密性が高まりました。タクティールケアによって、触れられた人だけでなく、触れている人にも穏やかさと安心が得られます。タクティールケアはGive-and-take(ギブ─アンド─テイク)のケアではないでしょうか。」

タクティールケアの広がり

タクティールケアは治療を目的とした医療行為ではないため、タクティールケアを行う人にもタクティールケアを受ける人にも限定はありません。親子のスキンシップとして、介護中のご家族、保健・医療・福祉の中でもそれぞれの専門性を活かし活用されています。タクティールケアには大きな可能性があります。それを行う人の気持ちが直接伝わるケアだからです。

保育園では保育士が園児に、医療機関では小児から成人を対象に、リハビリ、緩和ケア、在宅ケアなどで理学療法士、作業療法士、看護師が心身の痛みや不安の軽減に、介護施設では介護士が認知症の人の様々な症状の緩和に様々な広がりをみせています。

タクティールケア画像4

タクティールケアを活用した研究

「タクティールケアを活用した小児の疾病に関する研究」が始まりました。
タクティールケアに関して、発達障害を中心とした小児の疾病症状の緩和に対する有効性の研究を目的に、橋本高次脳機能研究所 医師 橋本圭司先生の指導の下に行われる有料の実験的事業です。
期間は1年間で、研究成果は広く周知されます。

【橋本高次脳機能研究所】
ご紹介リーフレット → http://keiman.co.jp/pdf/keiman.pdf
個別相談お問合せ先 → http://keiman.co.jp/counseling/

タクティールケアの教育プログラム
タクティールケアIコース

タクティールケアの基本的な理論とともに、手、足、背中への手技を学ぶ実技中心の講座です。
修了後には受講証明書が授与されます。
修了後、規定の実習を終えた後に認定試験を受けて合格すると、認定資格が授与されます。

※ 認定資格をとられても、タクティールケアをマッサージとして営業することはできません。
※ 認定資格取得前はタクティールケアの練習中ですので、「タクティールケアができる」といった紹介は認定資格を取得してからお願いします。

【受講料】2日講習・レポート審査・試験料・認定証発行手数料/64,800円(税込)
【対象者】タクティールケアについて学びたい方

タクティールケア1コース認定証
タクティールケアIコースの講座ページへ


タクティールケアIIコース

タクティールケアの顔、頭、腹部への手技を2日間で学ぶ実技中心の講座です。
修了後には受講証明書が授与されます。
修了後、規定の実習を終えた後に認定試験を受けて合格すると、認定資格が授与されます。

※ 認定資格をとられても、タクティールケアをマッサージとして営業することはできません。また、人に教えることもできません。
※ 認定資格取得前はタクティールケアの練習中ですので、「タクティールケアができる」といった紹介は認定資格を取得してからお願いします。

【受講料】2日講習・レポート審査・試験料・認定証発行手数料/86,400円(税込)
【対象者】タクティールケアIコース認定者であり、タクティールケアについてより学びたい方

タクティールケアIIコースの講座ページへ

ご家族向けタクティールケア ファミリーハンドコース

タクティールケアの手への手技を学ぶ実技中心の講座です。
修了後には受講証明書が授与されます。

※ ファミリーハンドコース受講後にタクティールケアIコースをご受講になる場合、受講料は54,000円(税込)になります。
※ ファミリーハンドコースに認定制度はありません。
※ 看護・介護等のケアの中でタクティールケアを活用することを目的とされる方は、正規プログラムである「タクティールケアIコース」(2日間、施術部位:手・足・背中)を受講し、規定の実習を修めた後、認定試験を受け認定取得後の実践をお勧めします。質の安定が確保されて初めて、ケアの中で、広い対象の方々に活用出来ることをご理解くださいますようお願い申し上げます。

【受講料】1日講習/27,000円(税込)
【対象者】ご家族の介護をされている方・タクティールケアに興味のある方

ご家族向けタクティールケア ファミリーハンドコースの講座ページへ

タクティールケアI/タクティールケアIIフォローアップコース

タクティールケアI/タクティールケアIIコースで学んだ手技の復習をします。また、認定試験のための実習レポートの質疑応答もします。

【受講料】2時間講習/1,000円(税込)
【対象者】タクティールケアIフォローアップ:Iコース修了者
タクティールケアIIフォローアップ:IIコース修了者

タクティールケアIフォローアップコースの講座ページへ
タクティールケアIIフォローアップコースの講座ページへ


Top